■おしらせ(宣伝)

 最近、お手伝いさせてもらった作品です。
 
びしょぬれ少女たち
( DLsite / DMM )
 
露出RPG2
( DLsite / DMM )
 
症候群
( DLsite / DMM )

2013年3月21日木曜日

[言葉遊び] 彼岸は悲願であり、「彼岸」は「あの世」のこと。


『お彼岸』とはなんぞや?



俗に『暑さ寒さも彼岸まで』と言い、

彼岸に「おはぎ」を食べたり、お墓参りに行く人が居ると思います。

そんな『彼岸』の日ですが、そもそも、『彼岸』ってなんぞや?という話。




 彼岸という言葉に対して、此岸という言葉があるそうで。




彼岸は「かの岸」と書き、

迷いや煩悩の無き『あの世』を表しています。


此岸は「この岸」と書き、

迷いや煩悩の多き『現世』を表します。




ここで言う、『あの世』というのは天国のような場所のことです。

迷いや煩悩の無き安定した世界、

死後、私達人間が行きたいと願う場所のことです。



つまり、『お彼岸』というのは、

迷いや煩悩の無き『あの世』へ行くためにはどうすれば良いのか、

考えてみましょうという日なのです。




 となれば、次に浮かび上がってくる疑問として、

「迷いや煩悩の無き『あの世』には、どうすれば渡れるの?」があると思います。

それこそが「お彼岸」なのです。



『あの世』に至る方法については色々とあるわけですが、

それらを「布施、自戒、忍辱、精進、禅定、智慧」の6つに凝縮して、

行事としてまとめた物が『お彼岸』となるわけです。



色々とあるけれど、きちんと「お彼岸」をしておけば『あの世』へ渡れるよ!

そういう企画なわけです。



そして、「お彼岸」をきちんと執り行っていれば、

「迷いや煩悩の無き『あの世』へ無事に渡る」という『悲願』が達成するわけです。



だから、「彼岸は悲願」なのです。




 そんな、無神論者の世迷言でした。

「ふと、悲願のことが気になってみたから調べてみた」だけの人間の世迷言です。

べつに仏教を勉強しているわけでもないので、あまり信じないでください。

駄目人間の、ただの創作であり、ただの妄言です。

あしからず。