■最近、お手伝いさせてもらった作品

 
露出RPG2
( DLsite / DMM )
 
子作り
( DLsite / DMM )
 
うたパコ
( DLsite / DMM )

2013年5月12日日曜日

[言葉遊び] 想という漢字について妄想をしてみた。


恋人の事を、どう想っているだろうか?

上司の事を、どう想っているだろうか?

家族の事を、どう想っているだろうか?

普段、あなたは、周囲に対してどういう「想い」を抱いてますか?


「人の想いは、その人自身を映す鏡である」


そんな事実を「想」という漢字は教えてくれます。





 手相占いというものがある。

それはオカルトではなく理論的な話である。


 手相の「相」という漢字は「木の目」と書く。

木の目、木目。

それは板状にされた木に残る「年輪」の事である。


年輪は木の成長記録だ。

詳しい人が年輪を観れば、樹齢から、日光の当たり具合など、
その育ってきた環境が手に取るように分かるという。

それは「その木の成長の全て」が「年輪」に記されているからだ。

相というのは木目、それはつまり、「成長の記録」なわけだ。



 では、手相とは、人間の手のひらに記された「成長の記録」という事になる。

手のひらのしわ、固さ、傷……、
手のひらは私達が想像する以上に様々な事を教えてくれる。

そういった情報を読み取り、総合的に判断する作業が手相占いだと思う。

つまり、手相占いとはオカルトパワーで人を占っている訳ではなく、
理論的に「手相の鑑識」をしているわけなのだ。




 さて、相とは「体に刻まれた成長の記録」という事だが、

それならば、そんな「相」の字の下に「心」をつけたらどうなるだろうか?

そう。

「想」という漢字が出来上がる。(ダジャレではない)


では、何故、「想」という漢字は「相」の下に、「心」が付くのだろうか?





 ここで、私は妄想をしてみた。


「相」という人間の成長の下に、「心」が生み出すもの、

それが「想」ではないのか?


そう考えてみると実に面白いものである。



恋人の事を、どう想っているだろうか?

上司の事を、どう想っているだろうか?

家族の事を、どう想っているだろうか?



冒頭の質問ですが、

それらの答えは、全て、回答者自身の成長過程から生み出されています。


周囲を愛している人、周囲を憎んでいる人、周囲を疎ましく感じる人。


それらの「人の想い」とは周囲の環境によって形成されるわけではない。

すべては、「本人の成長過程の下に形成された心」なのだ。





 つまり、他人に向けて抱く想いというのは、全て自身の心の内なのである。

それならば、できるだけ他人のことを良く思いたいものですね。





そんな、本日の妄想でした。

これらは駄目人間の、ただの創作であり、ただの妄言です。

あしからず。